1分で学ぶ!"超絶"要約ブログ

ビジネス、教育教養、自己啓発本の「"超絶"要約ブログ」です。1分で賢くなる。

自分の中に毒を持て

本日は「自分の中に毒を持て」という本をご紹介します。

 

芸術家岡本太郎さんのエッセイになります。

「今までの自分なんか蹴トバシてやる。そのつもりで、ちょうどいい。」

のっけからやばいです。目もキマちゃってます。

 

ざっくりと1分でいっちゃいましょう。

f:id:ranchoo_2022:20220227090523p:plain

 

「自分の中に毒を持て」

1.迷ったら、危険な道に賭ける

人間はなぜ迷うのか?

一方は誰でも選ぶ、ちゃんと食えることが保証された安全な道。

一方は危険だが、魅力を感じる道。

”食うことだけ”を考えるなら、迷わないはずだ。そうじゃないから迷うんだ。危険だ、という道は必ず、自分の行きたい道なのだ。ほんとうはそっちに進みたいんだ。

だから、そっちに進むべき。

 

 

2.他人と同じに生きてると自己嫌悪に

安全な道を選んで、出る釘にはならない。

それでは駄目になってしまう。すべてが裏目に出る。グジグジして、文句をつけたり、人のことが気になって陰湿に足を引っ張てみたり、およそ空しい精神状況になってしまう。

他人の目は気にしない、自分の目すら気にしない

自由に、あたりを気にしないで、ノビノビと発言し、行動する。

それは確かに難しい。苦痛だが、苦痛であればあるほど、たくましく挑み、乗り越え、自己をうち出す。そう決意しないと一生、いのちはひらかない

 

 

3.ほんとうの相手をつかむ愛しかた愛されかた

運命的な出会いとは、お互いが相手のなかに自分自身を発見すること

たとえ別れていても、相手が死んでしまっても、この人こそ自分の探し求めていた人だ、と強く感じてとっている相手がいれば、それが運命的な出会い。

必ずしも相手がこちらを意識しなくても、こちらが相手と出会ったという気持ちがあれば、それがほんとうの出会いで、自己発見となる。

 

また、自分の子どもだからかわいいとか、自分の親だから大切にするという狭い愛ではいけない。世界中の子どもはみんな自分の子どもだ、世界中の親はみんな自分の親だ、そういうおおらかで豊かな気持ちでー

 

 

4.あなたは常識人を捨てられるか

個人の財産、利害、損得だけにこだわり、ひたすらマイホームの無事安全を願う。現代人はケチくさく、卑しい。

人間本来の生き方は無目的、無条件であるべき。

無目的にふくらみ、輝いて、最後に爆発する。

何でもいい、見物人ではなく、とにかく自分でやってみよう。動いてみよう。

パッと身をひらいて、一歩でも、半歩でも自分を前に投げ出してみる。

出発は今、この瞬間から。

 

 

まとめ。

1.危険と感じる道(=ほんとうに自分の行きたい道)に進め。

2.周りの目を気にするな、自分の目すら気にするな。そう決意せよ。

3.愛は自己発見。大きな愛をもって生きていく。

4.無目的、無条件に自分のやりたいことをやってみよう(ほんとうに自分のやりたいことは、本来、無目的で無条件なものである)。

 

 

はい、1分が経ちました。

 

どうだったでしょうか?

この本は名言連発です。読むたびについつい笑ってしまいます。

岡本太郎さんの言葉には力があり、勇気がモリモリッと湧いて、大胆な気持ちになれます。

 

もっと詳しく知りたい方は購入してみてください。

 

ツイッターも始めてみました。

 

※コロナ落ち着けば、車でゆったりダラダラ「太陽の塔」を見に行ってきまーす^_^